更年期障害の症状とは

更年期障害の症状について

更年期障害の症状について知る

日本では、更年期障害の悩みを抱える女性が多いです。更年期とは、閉経前から閉経後の約10年くらいの期間を指します。更年期になると、卵巣機能が衰えるため、ホルモンバランスが乱れます。ホルモンバランスが乱れると、ほてりや動悸、頭痛、倦怠感など、様々な症状が出てきます。症状の現れ方には個人差がありますが、中には更年期障害によって生活に支障が出る人もいます。婦人科では、様々な治療法があるので、心配な人は早めに婦人科の診察を受けて、適切な治療を受けることが大事です。

↑PAGE TOP